何やっても長続きしなかった俺にとってトラック運転手はまさに天職だ

俺はトラック運転手になって17年になる。

この仕事に就くまではいろんな職を転々として全く落ち着きが無かった。

すぐに次の仕事は見つかるんだけど、なかなか長続きがしねえ。

昔っからケンカ早くてすぐに親方や仲間ともめ事起こしてしまうのも長続きしねえ原因の一つなんだけど、それだけじゃねえんだ。

俺が本当にやりたい事じゃなかったからなんだ。

だけどそんな時に出会ったのがこのトラック運転手さ。

 

昔から単車や車を運転する事が大好きだったからこの仕事に就いてからは会社を辞めようんて気も起きねえし、寧ろ死ぬまで続けたいくらいだ。

トラック運転手をしていると大変な事も沢山ある。

やっぱり一番は長距離の運転だ。

そりゃずっと運転していれば眠くもなってくるし、疲れてもくる。

でもそんな時は家で待っている母ちゃんとチビの写真を観るのさ。

すると眠気も疲れも拭き飛んでしまうんだ。

この仕事をしていると何日も帰れねえ日も続くさ。

でも毎日帰れねえ分、帰った時の嬉しさは半端ねえ。

数日見なかっただけで大きくなっているチビの成長が俺にとって一番の生甲斐だ。

でもよこの仕事楽しい事もあるんだぜ。

 

一つは色んな人に出会える事だ。

世の中には俺がまだ関わった事がねえ人も多くいる。

その地域によって人もそれぞれになってくる。

そんな多くの人達と出会う事で、俺の知らない事を色々と教えてくれるんだ。

仕事で各地廻っているだけで、いろんな人から教えてもらえるなんてまさに一石二鳥だろ。

学が少ねえ俺にとっちゃ有難い事だ。

 

そしてもう一つあるんだ。

それは各地の美味しいもんが食べられる事だ。

トラック運転手をしている俺にとって飯は外食がほとんどだ。

だけどその地域にしかねえ名産品とかを食えるんだ。

しかもトラック運転手仲間からの裏情報で雑誌とかには載っていない隠れた店等を教えてもらう事だってあるんだぜ。

 

そんな店で絶品な味を楽しめるのもトラック運転手ならではの特権なんだぜ。

今までで一番美味しかったのはやっぱり北海道で食った海鮮丼だったな。

ネタは大ぶりで新鮮だったし、何より安さに驚いたよ。

北海道までの運転だったらいつでも俺に頼んで欲しいくらいだよ。

でも今度行く時は、母ちゃんとチビも連れていきてえな。

いつも家で俺の無事を願ってくれているから家族奉仕がしてえな。

俺はこの体が続く限り、トラック運転手をしていくぜ。

何故なら俺にとってこの仕事こそが転職なんだから。

今日も安全運転で出発するぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です